HOME | 代表部案内 | 所在地・休館日 | OECDと日本 | 人事情報 | 邦人職員インタビュー | OECD日本政府代表部職員の発信・寄稿 | リンク集

OECDの概要:科学技術政策委員会 - CSTP:Committee for Scientific and Technological Policy

1.概要

加盟国間の科学技術政策に関する情報及び意見交換を行うとともに、科学技術・イノベーションが経済成長に果たす役割、研究体制の整備強化、研究開発における政府と民間の役割、国際的な研究開発協力のあり方等について検討を行っています。


2.組織・構成

(1)構成

CSTP本会合には、各国より局長級~課長級が出席しています。
日本からは、内閣府政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付、文部科学省科学技術・学術政策局等から出席しています。


(2)議長・副議長

議長:パトリック・ヴォック スイス教育研究イノベーション省理事

副議長:日本(小寺秀俊理化学研究所理事)、英国、米国、韓国、ベルギー、EU、フィンランド


(3)参加国等

OECD加盟国に加え、以下の国・国際機関が参加しています。
参加国:ブラジル、中国、ロシア、南アフリカ、アルゼンチン、コスタリカ、カザフスタン、タイ
オブザーバー:欧州評議会(COE)、国連貿易開発会議(UNCTAD)


(4)下部組織

ア   科学技術指標専門家作業部会(NESTI)

各国の科学技術に関する研究開発統計の収集・利用のための国際的な標準を定めたフラスカティ・マニュアルの継続的改善等を実施するとともに、これを補完し、より多面的に科学技術活動を把握するための新規科学技術指標(イノベーション、特許、人材流動性等)の開発等を進めています。


イ   イノベーション技術政策作業部会(TIP)

科学技術イノベーションを政策的に経済成長に結び付けるために、科学技術イノベーションの経済・社会に対する影響を分析、評価し、今後の政策の在り方を含めた情報を共有する活動を実施しています。近年では、デジタル化やオープンイノベーションの影響、産学官(公的研究機関)の知識移転等についての議論を行っています。


ウ   グローバル・サイエンス・フォーラム(GSF)

各国における科学政策の高度化や科学分野における国際協力の促進を目的として、(1)科学活動の強化、(2)科学分野における国際協力、(3)地球規模課題の解決に向けた科学、(4)社会における科学と政策のための科学の4つを主要テーマとして、活動を行っています。近年では、研究インフラの運用の最適化、ハイリスク・ハイインパクト研究、データ科学のためのデジタルスキル、地球規模課題の解決に向けた学際的研究、研究雇用不安対策などのプロジェクトが進められています。


エ   バイオ・ナノ・コンバージングテクノロジー作業部会(BNCT)

バイオテクノロジーを有効に活用し、持続可能な経済成長や人類の繁栄に役立てるための政策提言や、ナノテクノロジーの波及効果、研究と研究インフラの国際化などのプロジェクトを進めています。(2015年1月より、バイオテクノロジー作業部会(WPB)とナノテクノロジー作業部会(WPN)を統合し、名称変更)


3.最近の活動

(1)科学技術政策委員会閣僚会合(2015年10月)

  • 1963年第1回開催以来、第12回目の会合(前回会合(2004年)以来11年ぶり、アジアで初の開催)として、韓国テジョンにて開催されました。科学技術イノベーション政策について、ハイレベルで各国の経験や現状を共有することが目的です。
  • 議長は韓国未来創造科学部長官(大臣)、副議長国はノルウェー及びスペイン。49ヶ国及び9の国際機関(OECD非加盟国・国際機関を含む)から、科学技術を担当する大臣や有識者等多くのハイレベルな要人が参加しました。日本からは、島尻内閣府特命担当大臣(科学技術政策)、冨岡文部科学副大臣をはじめ、多くの関係者が出席しています。
  • 全体テーマを”科学技術イノベーションを通じ共通の未来を創造する”として、「科学技術イノベーションの最大活用」及び「地球規模課題解決に向けた科学技術イノベーション」について議論が行われ、会合の成果は「テジョン宣言」として取りまとめられました。

  • (テジョン宣言仮訳要旨)

  • 科学技術イノベーション(STI)の重要性及び価値について共有した上で、デジタル技術の急速な進化がSTIにおいて”オープンサイエンス”、”シチズンサイエンス”、”オープンイノべーション”などの革命をもたらしていることについて合意。
  • 「次なる生産革命」の可能性、健康分野におけるイノベーションの不可欠性、新興国を含めた科学のグローバル化、政策決定における科学の重要性の増加、このような状況におけるOECD固有の役割等について認識。
  • これらを踏まえ、以下の重要性について宣言。
    •   予算制約に左右されない、基礎・応用研究への適切な長期的投資
    •   企業からの投資を促進するためのマーケットフレンドリーな競争的環境
    •   経済活動にとって重要な資源となる公共分野のイノベーションキャパシティの増強
    •   広範な分野における教育やトレーニングシステムの育成
    •   監視と評価システムの強化
    •   国民社会の理解、エンゲージメント、信頼
    •   オープンサイエンスを支える政策
    •   次なる生産革命を可能とする政策枠組み
    •   健康医療分野への挑戦
    •   国際協力
    •   新興国を含めた国際的な科学技術協力のガバナンス

(2)CSTPハイレベルラウンドテーブル(2019年4月)

各国の科学技術政策担当の局長・審議官級が出席。4つのテーマ(1)課題解決型(mission-oriented)プログラム、(2)研究・イノベーションにおける国際協力、(3)AI・データ科学・デジタル技術に関する政策、(4)科学技術イノベーション政策の今後の課題及びチャンスのそれぞれについて、プレゼンテーション、各国ハイレベルのリードスピーカーとしての発言に続いてオープンディスカッションが行われ、CSTP及び各作業部会のマンデートの改訂につなげていくことが確認されました。


(3)OECDイノベーション戦略

2007年5月のOECD閣僚理事会においてイノベーションと成長が議題に挙げられ、各国の政策担当者に対し、イノベーションを持続的な経済発展に繋げるための効果的な戦略を提示することを目的とする「OECDイノベーション戦略」を策定することが決定され、2010年5月のOECD閣僚理事会で提示されました。さらに、2014年の閣僚理事会において、本戦略のアップデートを行うことが決定され、CSTP、CIIE及びCDEPの3委員会合同の「イノベーション戦略委員会横断ワークショップ」において検討された結果、6月のMCMにおいて概要版が提示、2015年10月のCSTP閣僚級会合のタイミングで、”The Innovation Imperative”としてフルテキストが公表されています。


(新たなOECDイノベーション戦略のポイント)

経済危機後、持続的な成長を実現していくためのイノベーション(新製品、プロセス及び方法の創造と普及を伴うもの)そのものの重要性と投資の重要性について述べた上で、イノベーションを加速させるための政府の役割として、5つの優先順位を設定。
(1)才能とスキルとその使用の最適化
(2)投資を支援し、ダイナミズムを強化するビジネス環境
(3)知識の創造と普及の効率的なシステムへの投資
(4)デジタル経済へのアクセスと参加
(5)イノベーションのための政策のガバナンスと実装


(4)次なる産業革命報告書(2017年5月)

2015年及び2016年の2カ年にわたり取り組まれたプロジェクトの報告書で、生産に関する新たな技術(3D(3次元)プリンティング、IoT(Internet of Things)、ロボットなどのデジタル技術、バイオやナノなど材料技術、データ駆動生産、AI、合成生物学などのプロセス技術)が、生産性、雇用、スキル、貿易などに中期的に与える影響を分析・整理しました。

http://www.oecd.org/sti/ind/next-production-revolution.htm (OECDのページ。英語)別ウィンドウで開く


(5)科学技術イノべーションアウトルック(STIアウトルック)

OECD諸国の科学技術政策、研究開発(R&D)の動向などを分析したアウトルックを刊行しています(2年に1度の頻度。2016年版より旧「科学技術産業アウトルック」から改称)。

https://www.oecd.org/sti/oecd-science-technology-and-innovation-outlook-25186167.htm(OECDのページ。2018年版、英語)別ウィンドウで開く


(6)科学技術産業スコアボード

科学技術、グローバル化、産業実績等の幅広いデータ・指標を用いて、OECD諸国及びブラジル、中国、イスラエル、ロシア、南アフリカ等多くの主要非加盟国における、持続可能な経済発展、環境問題・社会的課題、知識のグローバル化などの世界規模の諸課題に焦点を当てて分析・評価を行っています。政策分析のために様々な指標を使いやすくかつ正確な統計データの形で提示しているため、参考文献としても広く活用されています(2年に1度の頻度)。

https://www.oecd.org/sti/scoreboard.htm(OECDのページ。英語)別ウィンドウで開く


(7)主要科学技術インディケータ

OECD加盟国の科学技術活動に係る、研究開発投資関連データ、研究者関連データ、特許関連データ等一連の指標を提供しています。科学技術に係る基礎的・継続的・最新のデータ集として、広く活用されています(1年に2度の頻度)。

https://www.oecd.org/sti/msti.htm(OECDのページ。英語)別ウィンドウで開く


(8)STIPコンパス

政府関係者、研究者等が各国の科学技術イノベーション政策を定性的・定量的かつ継続的に単一のプラットフォームでモニタリングできるよう、OECDと欧州委員会が立ち上げたデータベースです。2018年4月の立ち上げから常時更新されており、2018年10月時点で56の国・地域から6,000以上のイニシアティブが登録されています。

https://stip.oecd.org/stip.html(OECDのページ。英語)別ウィンドウで開く