HOME | 代表部案内 | 所在地・休館日 | OECDと日本 | 人事情報 | OECD邦人職員の声 | OECD日本政府代表部職員の発信・寄稿 | リンク集

OECDの概要:産業・イノベーション・起業委員会 - Committee on Industry, Innovation and Entrepreneurship

1.概要

OECD加盟各国のイノベーションや起業を通じた産業活動の促進に向けた政策事例の共有、政策課題の分析・意見交換を目的として設置・開催されています。2007年、前身の産業・ビジネス環境委員会を発展させる形で発足しました。

具体的には、イノベーションや起業を促進する事業環境整備の研究、中小企業政策の比較分析、関連する統計の整備等を行っています。


2.組織・構成

(1)構成

各国からは産業政策の策定に携わる省庁の局長、部長又は課長級の担当者により構成されています。日本からは経済産業省通商政策局国際経済課が参加しています。


(2)議長、副議長

議長: フランス

ビューローメンバー: 英国、スイス、トルコ


(3)オブザーバー国・非加盟国との関係

コスタリカ、カザフスタン、ロシア、アルゼンチン、ブルガリア、エジプト、マレーシア、ルーマニア、シンガポール、タイ、ペルー


(4)下部組織(作業部会等)

委員会の下に、「中小企業・起業政策」並びに「産業分析及び産業のグローバル化」を担当する2つの作業部会(WP)が設置されています。


3.最近の活動

(1)グローバル・バリュー・チェーン(GVC)

国家間で分業された貿易の構造を付加価値ベースで捉えようとする「グローバル・バリュー・チェーン」(GVC)の取組をWTO(世界貿易機関)と共同で行っており、その統計データベース(TiVA)は、2013年1月に初めて公表されました。現在、計64の国及び地域が参加しており、今後もアップデートしていく予定になっています。データベースは、OECDのホームページで参照することができます。(http://www.oecd.org/industry/ind/measuringtradeinvalue-addedanoecd-wtojointinitiative.htm)別ウィンドウで開く


(2)中小企業・起業政策

中小企業・起業作業部会では、中小企業やベンチャーを取り巻く事業環境の改善や、生産性向上、資金調達の円滑化等に関するレポートの発出等を行っています。

(参考)中小企業アウトルック2019
https://www.oecd.org/industry/oecd-sme-and-entrepreneurship-outlook-2019-34907e9c-en.htm別ウィンドウで開く

(参考)中小企業金融スコアボード2019
https://www.oecd.org/cfe/smes/financing-smes-and-entrepreneurs-23065265.htm別ウィンドウで開く

(参考)中小企業事業環境ベンチマーク・レポート
http://www.oecd.org/cfe/small-medium-strong-trends-in-sme-performance-and-business-conditions-9789264275683-en.htm別ウィンドウで開く