HOME | 代表部案内 | 所在地・休館日 | OECDと日本 | 人事情報 | 邦人職員インタビュー | OECD日本政府代表部職員の発信・寄稿 | リンク集

OECDの概要:観光委員会 - Tourism Committee

1.概要

観光振興を通じた経済発展のための政策立案の支援等を目的として1961年に設立され、各国の観光関連政策のレビュー及び提言や、観光統計データの整備及び分析等を行っています。


2.組織・構成

(1)構成

各国の観光政策責任者等が参加しています。日本からは国土交通省観光庁の課長級が参加しています。


(2)議長・副議長

議長:ポルトガル

副議長:日本、オーストラリア、イタリア、韓国、スイス


(3)非加盟国等の参加

南アフリカ、クロアチア、エジプト、モロッコ、ペルー、フィリピン、ルーマニア、ロシア等が参加しています。


(4)下部組織

観光統計作業部会


3.最近の活動

(1)観光振興を通じた経済発展のための政策立案の支援

雇用、経済成長、発展の原動力としての役割を有する観光について、各国の観光に係る課題や取組み等について調査分析を行うとともに、好事例の共有等を行っています。


(2)OECD観光白書の発行

2年に一度、OECD加盟国を主とした観光統計や、各国の観光政策の傾向について分析したOECD観光白書を発行しています。


(3)観光統計に関する国際フォーラム

2年に一度、観光統計の調和、知見の共有のため、EU統計局との共催により、統計手法等についての議論を行っています。2014年11月には、欧州以外で初めて、日本・奈良で開催しました。