HOME | 代表部案内 | 所在地・休館日 | OECDと日本 | 人事情報 | OECD邦人職員の声 | OECD日本政府代表部職員の発信・寄稿 | リンク集

OECDの概要:造船部会 - WP6:Council Working Party No.6 on Shipbuilding

1.概要

世界で単一市場を形成する造船業に関し、不当な貿易歪曲措置・競争を避けるべく、理事会直属の作業部会として1966年に設置されました。これまで、自国造船業に対する助成策の段階的削減、造船業の構造調整のための需給状況の検討、建造能力の削減推進などを行ってきています。2006年7月からは、関心のある参加国が活動資金を拠出するII部予算により、新たな体制で造船部会の活動を再開しました。


2.組織・構成

(1)構成

各国の政策責任者等が参加しています。日本からは国土交通省海事局の課長級が参加しています。


(2)議長、副議長

議長: ノルウェー


副議長: 日本、フィンランド、韓国


(3)非加盟国等の参加

クロアチア、ルーマニア、ロシア等が参加しています。


(4)下部組織

輸出信用アレンジメント船舶セクター了解非公式専門家会合


3.最近の活動内容

(1)造船市場における公正な競争条件の確保

海運のグローバル化の進展により、世界の造船市場は単一化が進んでいます。このような市場では、一国の政策が市場に大きな影響を与える可能性が高いため、造船市場における公正な競争条件の確保は、造船部会の最重要課題となっています。具体的には、市場における需給の動向、各国の造船政策、特に公的な支援措置について情報や意見交換等を行っています。2017年4月からは、造船分野における市場歪曲的な公的助成の防止に関する法的拘束力を持つ新たな国際規律の策定に向けた議論を行っています。


(2)船舶輸出信用了解の改正

輸出信用アレンジメントには、造船市場の特徴を踏まえ、船舶にのみ適用される船舶セクター了解が定められています。この船舶セクター了解における具体的な規定内容について議論を行っています。