HOME | 代表部案内 | 所在地・休館日 | OECDと日本 | 人事情報 | 邦人職員インタビュー | OECD日本政府代表部職員の発信・寄稿 | リンク集

一部の国々の改革により、 労働税のOECD平均が下落

2018年OECD諸国全体の平均的な労働者について、所得税と社会保険料がわずかに下落しました。OECD の新報告書 、「Taxing Wages 2019」別ウィンドウで開くによると、それは一部の国々で行なわれた大規模な改革が原因となっています。

くわしくは以下のOECD東京センターのサイトをご覧ください。
http://www.oecd.org/tokyo/newsroom/reforms-in-a-few-countries-drive-a-decline-in-average-oecd-labour-taxes-japanese-version.htm別ウィンドウで開く