HOME | 代表部案内 | 所在地・休館日 | OECDと日本 | 人事情報 | 邦人職員インタビュー | OECD日本政府代表部職員の発信・寄稿 | リンク集

偽造品取引は世界の貿易の3.3%を占め、増え続けている

偽造品と著作権侵害物の取引は過去数年で着実に増加しており―貿易高全体が減少したにもかかわらず―、現在では世界全体の貿易の3.3%を占めていることが、OECDとEU知的財産庁の報告書から明らかになりました。
商標や著作権を侵害する偽造品の取引は、企業や政府の犠牲のもとに犯罪者集団に利益を与えていることになります。医療用品、自動車部品、玩具、食品、化粧品ブランド、電気製品などの偽物は、製造の可能性だけでなく、健康や安全性全般を危険にさらすことになります。

くわしくは、OECD東京センターのサイトをご覧ください。
http://www.oecd.org/tokyo/newsroom/trade-in-fake-goods-is-now-33-of-world-trade-and-rising-says-oecd-japanese-version.htm別ウィンドウで開く(日本語)