HOME | 代表部案内 | 所在地・休館日 | OECDと日本 | 人事情報 | 邦人職員インタビュー | OECD日本政府代表部職員の発信・寄稿 | リンク集

森林破壊 : サプライチェーンの透明性の飛躍的進歩

森林破壊は、気候の安定を損なうだけでなく、それに関連する企業の評価も損ないます。
サプライチェーンマネンジメントのプログラムTrase(Transparency for Sustainable Economies)は、国際的に取引されている商品と森林伐採が起こっている場所の詳細な関係を明らかにします。Traseのディレクター、Toby Gardnerは、「サプライチェーン関係者は、透明性の向上によって、生産地域における環境問題および社会問題に取り組むためのより強い動機を持つようになる。」と説明しています。

くわしくは、以下のOECDのサイト(英語)をご覧ください。
http://oecdobserver.org/news/fullstory.php/aid/6096/Data_vs_deforestation:_A_breakthrough_in_supply-chain_transparency.html?utm_source=Adestra&utm_medium=email&utm_content=Data%20vs%20deforestation:%20A%20breakthrough%20in%20supply-chain%20transparency&utm_campaign=Happy%20New%20Year&utm_term=demo別ウィンドウで開く