HOME | 代表部案内 | 所在地・休館日 | OECDと日本 | 人事情報 | 邦人職員インタビュー | OECD日本政府代表部職員の発信・寄稿 | リンク集

RNA干渉を利用した農薬に関するOECD会議の開催

当会議では、*RNA干渉についての概要説明だけでなく、農薬作業グループ及びRNA干渉の農薬専門家グループによって作成されるガイダンスについての見解が提供されます。当ガイダンスは、世界中の政策立案者や農薬規制当局のための実用的なツールとして一般に公開される予定です。

*RNA干渉〔RNA interference の和訳〕
遺伝情報を保存しているDNAに対し、遺伝情報を伝達して処理するRNAが、それと同じ配列を持つ遺伝子の発現を抑制する現象のこと。


くわしくは以下のOECDのサイト(英語)をご覧ください。 http://www.oecd.org/fr/securitechimique/pesticides-biocides/conference-on-rnai-based-pesticides.htm別ウィンドウで開く