HOME | 代表部案内 | 所在地・休館日 | OECDと日本 | 人事情報 | 邦人職員インタビュー | OECD日本政府代表部職員の発信・寄稿 | リンク集

政府は苦闘する中産階級を支援しなければならない

OECDの新報告書 « 圧迫される中産階級(Under Pressure : The Squeezed Middle Classe)» 別ウィンドウで開くは、世界的に若い世代が中産階級になることが次第に難しくなっているため、中産階級がほとんどのOECD諸国で減少している、と述べています。

社会経済制度の公平性を確保するために、課税対象を労働所得から資本所得または譲渡所得、不動産、相続財産へと以降するとともに、所得税の累進性を高め公平にする政策を検討する必要がある、と述べています。

くわしくは以下のOECD東京センターのサイトをご覧ください。
http://www.oecd.org/tokyo/newsroom/governments-must-act-to-help-struggling-middle-class-japanese-version.htm別ウィンドウで開く(日本語)