HOME | 代表部案内 | 所在地・休館日 | OECDと日本 | 人事情報 | 邦人職員インタビュー | OECD日本政府代表部職員の発信・寄稿 | リンク集

移民政策は、国際人材にとってのOECD諸国の魅力を左右する

高技能の移民にとって最も魅力ある国は、オーストラリア、スウェーデン、スイス、ニュージーランド、カナダで、その理由の一部は受入と滞在の好条件にあります。
「人材誘致に関するOECD指標(OECD Indicators of Talent Attractiveness)別ウィンドウで開く」では、各国が主要な移民の3グループ –高学歴労働者、起業家、意欲のある留学生-にとってどのくらい魅力があるかを国際比較する方法を明らかにしています。

くわしくはこちらのOECD東京センターのサイトをご覧ください。
http://www.oecd.org/tokyo/newsroom/migration-policy-affects-attractiveness-of-oecd-countries-to-international-talent-japanese-version.htm別ウィンドウで開く